Skip to search formSkip to main content
You are currently offline. Some features of the site may not work correctly.

Blautia coccoides

Known as: Clostridium coccoides 
 
National Institutes of Health

Papers overview

Semantic Scholar uses AI to extract papers important to this topic.
2018
Highly Cited
2015
Highly Cited
2015
Anorexia nervosa (AN) is a psychological illness with devastating physical consequences; however, its pathophysiological… Expand
  • table 1
  • table 2
  • table 3
  • table 4
  • table 5
Highly Cited
2013
Highly Cited
2013
There is increasing evidence suggesting the existence of an interaction between commensal microbiota, the gut and the brain. The… Expand
2013
2013
【目的】 腸内細菌叢(腸内フローラ)は加齢や生活環境により変動し、 健康状態や癌などの疾病に関与する。 健全な腸 内細菌叢を保つことは若くて健康な身体を保つために重要である。 今回、 アスタキサンチンが腸管内にて腸内細菌叢に及 ぼす影響について検討した。 【方法】 マウスに高脂肪食を与えた際の腸内細菌叢の変化と、 それに対するアスタキサンチンの作用について検討した。 マウスは標準食群(脂質 3.9%)、 標準食+アスタキサンチン(0.02%)添加群、 高脂肪食群(脂質 35%)、 高脂肪食+アスタキ サンチン添加群の 4 群に分けた(各 n=5)。 試験開始時、 14 日後、 28 日後の糞便を回収して DNA 抽出を行い、 これを鋳 型としてリアルタイム PCR を行った。 リアルタイム PCR は全菌種(All bacteria)、 バクテロイデス(Bacteroides)、 ビフィズス菌 (Bifidobacterium)、 プレボテラ(Prevotella)、 ラクトバチルス(Lactobacillus)、 ストレプトコッカス(Streptococcus)、 クロストリ ジウムコッコイデス(Clostridium coccoides)、 クロストリジウムレプタム(Clostridium leptum)の 16S rRNA 領域に特異的に設 計されたプライマーで行い、 コピー(cp)値を全菌種共通プライマーの cp 値にて補正した。 【結果】 腸内細菌叢の解析の結果、 高脂肪食摂取によりバクテロイデス属、 クロストリジウムコッコイデスグループ、 クロス トリジウムレプタムグループが優勢になり、 ストレプトコッカスグループ(乳酸菌)が減少した。 これに対しアスタキサンチン添 加群ではこれらの変化が抑制された。 【結論】 マウスに高脂肪食を負荷した際の腸内細菌叢の乱れに対し、 アスタキサンチン投与が制御的に作用することが示 された。 
  • figure 1
  • figure 2
  • figure 3
  • figure 4
  • figure 5
2013
2013
BACKGROUND & AIMS The abundance of specific microbes might be associated with plasma lipopolysaccharide and insulin levels. The… Expand
2012
2012
Spirochaeta coccoides Dröge et al. 2006 is a member of the genus Spirochaeta Ehrenberg 1835, one of the oldest named genera… Expand
Highly Cited
2011
Highly Cited
2011
Background: The present study was designed to compare the faecal microbiota and concentrations of faecal short-chain fatty acid… Expand
  • table 1
  • table 2
  • table 3
  • figure 1
  • table 4
Highly Cited
2010
Highly Cited
2010
BackgroundThe extended 'hygiene hypothesis' suggests that the initial composition of the infant gut microbiota is a key… Expand
  • table 1
  • table 2
  • table 3
  • table 4
Highly Cited
2007
Highly Cited
2007
The fecal microbiota of 37 infants with (n = 20) or without (n = 17) probiotic administration was evaluated on D 3, and at 1, 3… Expand
  • table 1
  • table 3
  • table 4
  • figure 2
  • figure 1
1956
1956
The enhanced pathogenicity of mouse hepatitis virus (MHV 1) in mice infected with Eperythrozoon coccoides is shown to result from… Expand
  • figure 1
  • figure 2
  • table 1
  • table 2
  • figure 3