Skip to search formSkip to main content
You are currently offline. Some features of the site may not work correctly.

Alcyonium sp. CSM-C

 
National Institutes of Health

Papers overview

Semantic Scholar uses AI to extract papers important to this topic.
2018
2018
The Mediator complex stimulates the cooperative assembly of a pre-initiation complex (PIC) and recruitment of RNA Polymerase II… Expand
  • figure 1
  • figure 2
  • figure 3
  • figure 4
  • figure 5
Is this relevant?
2016
2016
The aim of this study is to assess the performance objectives defined in the Iraqi Seismic Code (ISC) in order to make a… Expand
  • figure 1
  • table 1
  • figure 2
  • figure 3
  • figure 4
Is this relevant?
2010
2010
본 논문에서는 셀 간 협동을 수행하는 cooperative spatial multiplexing(CSM… Expand
Is this relevant?
2007
2007
Aiming to evaluate the effect of K2O levels on the increase of snap bean yield, an experiment was performed in Paraiba State… Expand
Is this relevant?
2006
2006
半導体集積度向上に伴う消費電力の増大,プロセッサ実質速度向上の鈍化,ハードウェア,ソフトウェア開発期間の 増大といった問題を解決すべく,一つのチップ上に複数のプロセッサコアを集積するマルチコアプロセッサが次世代プ ロセッサアーキテクチャとして注目を集めている.このマルチコアプロセッサにおいても,プロセッサとメモリ動作速 度のギャップに伴うメモリウォールは深刻な問題であり,プロセッサに近接したキャッシュやローカルメモリ等の高速 メモリの有効利用が実効性能向上のために重要なポイントとなっている.このような事項を考慮して筆者等は自動マル チグレイン並列化コンパイラとの協調動作により実効性能が高く価格性能比の良いコンピュータシステムの実現を目指 す OSCARマルチコアプロセッサを提案している.この OSCARマルチコアプロセッサは,全てのプロセッサコアが アクセスできる集中共有メモリ (CSM) の他に,プロセッサコアのプライベートデータを格納するローカルデータメモ リ (LDM)とプロセッサコア間の同期やデータ転送に使用する 2ポートメモリ構成の分散共有メモリ (DSM) ,そして データ転送オーバヘッドの隠蔽を目指し,プロセッサコアと非同期に動作可能なデータ転送ユニット (DTU) を持つ. 本稿では OSCARコンパイラを用いた粗粒度タスク並列処理における LDM/DSM管理手法について述べる.性能評 価の結果,逐次実行に比べ 8PE時,MP3エンコーダで約 7.1倍,MPEG2エンコーダで約 6.3倍,JPEG2000エン コーダで約 3.8倍の速度向上が得られた. 
Is this relevant?
1988
1988
To modify the rheological behaviour of rubber compounds, in order to improve their processing behaviour, lubricants based on… Expand
  • figure 2.1
  • figure 3.1
  • figure 3.2
  • figure 3.4
  • figure 4.4
Is this relevant?