Pyridinolcarbamate

Known as: Pyricarbate, Pyridinolcarbamate [Chemical/Ingredient], 2,6-Pyridinedimethanol-bis-(N-methylcarbamate) 
A drug that has been given by mouth in the treatment of atherosclerosis and other vascular disorders, hyperlipidemias, and thrombo-embolic disorders… (More)
National Institutes of Health

Papers overview

Semantic Scholar uses AI to extract papers important to this topic.
1989
1989
To discover a new and powerful antiathersclerotic agent which can regulate the transendotherial infiltration of very low density… (More)
Is this relevant?
Review
1983
Review
1983
The effect of prodectin was examined in 79 patients with coronary disease after a course of treatment, and in 16 normal subjects… (More)
Is this relevant?
1980
1980
The experimental study was performed on Wistar rats fed on atherogenic diet for 16 months, the last 70 days of which they were… (More)
Is this relevant?
1979
1979
The effect of parmidin (pyridinolcarbamate) on microvascular permeability of several organs has been studied on experimental mice… (More)
Is this relevant?
1978
1978
A group of 20 patients (average age 55.5 yrs) with advanced arterioscleorosis obliterans and cerebral thrombosis were treated… (More)
Is this relevant?
1975
1975
When used in doses of 20-50 mg/kg on models of acute exudative and chronic propliferative inflammation in rats pyridinolcarbamate… (More)
Is this relevant?
1973
1973
-Effects of histamine, bradykinin and morphine on adrenaline secretion from rat adrenal gland were investigated by means of… (More)
Is this relevant?
1967
1967
閉塞性動脈硬化症の薬物療法はじゆ うらい比較 的至難なものと考えられてお り,主 として血管拡 張薬が使用 されてきているが,理 論的にはその効 果 も疑問視されている.本 症の主観的症状は四肢 の知覚異常,間歇 性跛行などの症状で始まること が多いが,進 行して皮膚色調の変化,さ らに潰瘍 形成,感 染,壊 疽な どを起こすようになれば,交 感神経切除術,患 部の切断などの外科的処置を行 なわなければならないようにな り,こ の病気の予 後は全 く悲観的である.今 回本症 の75例 にpyri dinolcarbamate治 療を試みて比較的良好な治療成 績が得られたと思われるので,そ の成績について 報告する. 方 法 対 象 は 東 京 医 科 歯 科 大 学 第 三 内 科 の患者 で,総 数75例(男70,女5,年 令24~72才,平 均48.0±1.5 才.,発 病 よ りpyridinolcarbamate治 療 開 始 ま で の 期 間 は1カ 月 か ら20年,平 均3.6年 ±0.5年 で,1 年 以 下 の症 例 は13例 に す ぎず 残 りの62例 は1年 以上 の陳 旧 例 で あ る.閉 塞 性 動 脈硬 化 症 の診 断 基 準 は 便 宜 上McPhersonら1)に従 い,ま た これ らの 患 者 を そ の臨 床 症 状 か ら3群 に 分 か ち,そ の 治 療 効 果 を 比 較 検 討 した.す な わ ち 第1群 に 属 す る患 者 は20例(男16,女4,年 令24~66才,平 均53.6才) で,こ れ らは 下 肢 動 脈 拍 動 の減 弱 ま た は消 失 を 主 
Is this relevant?