Skip to search formSkip to main content
You are currently offline. Some features of the site may not work correctly.

Phyllodistomum kanae

 
National Institutes of Health

Papers overview

Semantic Scholar uses AI to extract papers important to this topic.
2020
2020
Many members of the family Gesneriaceae are cultivated as ornamental plants, including Cape primrose (Streptocarpus) species. The… Expand
  • table 1
  • figure 2
  • figure 3
  • table 3
Is this relevant?
2018
2018
The Committee for Recommendation of Occupational Exposure Limits, Japan Society for Occupational Health Atsuko Araki, Kenichi… Expand
Is this relevant?
2017
2017
The Committee for Recommendation of Occupational Exposure Limits, Japan Society for Occupational Health Kenichi Azuma, Ginji Endo… Expand
Is this relevant?
2016
2016
Introduction. The aim of this study was to examine the incidence and risk factors of catheterization-related CI in the… Expand
  • table 1
  • figure 1
  • table 2
  • table 3
  • table 4
Is this relevant?
2016
2016
The Committee for Recommendation of Occupational Exposure Limits, Japan Society for Occupational Health Kenichi Azuma, Ginji Endo… Expand
Is this relevant?
2014
2014
Ishido Kanae entered the medical school Syunrin-ken which Hanaoka Seisyu established in the intercalary year of 1797, the ninth… Expand
Is this relevant?
2011
2011
D □ PICTURES IN CLINICAL MEDICINE □ Multidetector Computed Tomography Demonstrates Double-Inlet, Double-Outlet Right Ventricle… Expand
Is this relevant?
Review
2011
Review
2011
からだのリズムは,体温や血圧,睡眠,運動などの生命活動を始め,心と身体の健康を管理している司令塔であり,生活リズムに適応するための自律的な予知機能も備えている.明暗サイクルのあるなしに関係なく,一定の摂食時間に餌を与えると血中副腎皮質ホルモンはいずれも摂食直前にピークを示す日内リズムが形成される.次の日から絶食にしても血中副腎皮質ホルモンの日内リズムは持続し,典型的な内因性のリズムを示す.このことから,血中副腎皮質ホルモンのリズム発現には,明暗サイクルより摂食サイクルが重要であると考えられる.血中副腎皮質ホルモンのリズム形成には口から摂取する食餌そのものと,食餌を感知する消化管が関与している.血中副腎皮質ホルモンのリズム形成・維持には摂食リズムと食餌の刺激を感知する空腸が重要な役割を果たしている.ヒトでの研究においても同様の知見が得られ,血中副腎皮質ホルモンのリズム形成には,摂食リズムが重要であることを明確に示した.一方,ヒラメ筋グリコーゲンは摂食によって増加し,その後減少する日内リズムが認められる.しかし,1日摂食量の1/3を遅い時刻に摂食させた場合,摂食によるヒラメ筋グリコーゲンの増加はなかった.また,脳などにグルコースを供給する肝臓グリコーゲンは,摂食によって増加し,その後,糖新生の利用による低下が認められる.しかし,1日摂食量の1/3を遅い時刻に摂取させると肝臓グリコーゲンの総貯蔵量は減少した.つまり,遅い時刻に摂取する夜食では,摂取した栄養素が筋肉や肝臓グリコーゲンの合成に利用されず,むしろ脂肪蓄積につながると考えられる.次に,食塩の摂取と血圧との関係を時間栄養学の観点から検討した.朝や昼に比べて夕食後に食塩の尿排泄が多く,血中アルドステロンの日周リズムと連動していた.血中成長ホルモンの分泌は,朝の運動で減少し,夕方の運動で増大した.トレーニング効果を高めるためには生体リズムを考慮することも重要である.以上のことから,時間栄養学は体内時計が実証する新しい健康科学である. 
Is this relevant?
2009
2009
This cross-sectional study investigated the relationship between the aminolevulinate dehydrogenase (ALAD) genotype and blood lead… Expand
  • table 1
  • table 1
  • figure 1
  • table 2
Is this relevant?