Skip to search formSkip to main content
You are currently offline. Some features of the site may not work correctly.

Exiguobacterium sp. CQ5

 
National Institutes of Health

Papers overview

Semantic Scholar uses AI to extract papers important to this topic.
2014
2014
超急性期脳梗塞に対するt-PA(アルテプラーゼ)静注療法は,わが国では2005 年以降,発症後3 時間以内の脳梗塞患者の血栓溶解療法として保険診療が可能となっている。その後2012 年8 月には,欧米での大規模臨床研究の結果を受け,治療可能時間が4.5… Expand
Is this relevant?
2012
2012
血行再建術として薬剤溶出性ステント(DES)を用いた経皮的冠動脈インターベンション(PCI)が広く行われるようになり,PCI の重大なアキレスア腱であった再狭窄は減少した。そのような状況のなか,依然として非保護左主幹部病変に対するPCI… Expand
Is this relevant?
2012
2012
冠動脈疾患において,多枝病変に対する冠動脈バイパス術(CABG)の予後改善効果は明らかであり,動脈グラフトの使用により,開存率も確保され成績もさらに向上している。最近のカテーテルによる冠動脈形成術(PCI)との比較試験でも,冠動脈病変が重症であるほどCABG… Expand
Is this relevant?