CHILDES

Known as: CHILDES database 
The Child Language Data Exchange System (CHILDES) is a corpus established in 1984 by Brian MacWhinney and Catherine Snow to serve as a central… (More)
Wikipedia

Papers overview

Semantic Scholar uses AI to extract papers important to this topic.
2018
2018
This paper (1) presents the first partially manually verified treebank for Dutch CHILDES corpora, the AnnCor CHILDES Treebank; (2… (More)
  • figure 1
  • figure 2
Is this relevant?
2015
2015
We present a syntactic parser of (transcripts of) spoken Hebrew: a dependency parser of the Hebrew CHILDES database. CHILDES is a… (More)
  • table 1
  • table 2
  • table 3
  • figure 1
  • table 4
Is this relevant?
2013
2013
We present a corpus of transcribed spoken Hebrew that reflects spoken interactions between children and adults. The corpus is an… (More)
  • table 1
  • figure 1
  • table 2
  • figure 2
  • table 3
Is this relevant?
2013
2013
1. はじめに コンピュータ時代になってから言語研究の可能性が広がった。大規模の言語データベースを利用し、 多人数の参加者の実際の言語使用を辿ることができるようになった。しかし、データベースが大きく なるほど、自動的な解析ツールが不可欠になってくる。今までの獲得研究では単語単位で検索したり、 手動でコーディングしたりしてきたが、負担が大きいため、処理できる量が比較的少なかった。自動 的に基礎的な文法タグ(品詞情報、活用形の解析、文構造の情報など)を付けることが可能であれば、 データベースで公開されているデータをより効率よく解析できるようになる。 本研究では国際発話データベース CHILDES(MacWhinney 2000、宮田 2012b、宮田・森川・村木 2004)のために開発された統語解析プログラム GRASP(Grammatical Relations Analysis for Spontaneous Protocols; MacWhinney, 2008; Sagae, Davis, Lavie, MacWhinney, & Wintner 2007, 2010; Sagae, Lavie & MacWhinney, 2005)の日本語版を紹介する。 GRASP は CHILDES の入力フォーマット CHAT(宮田 2012 を参照)に従っている発話ファイルを解 析し、それぞれの発話行に統語情報専用の行(%gra 行)を加える。統語解析で単語と単語の間の依存 関係を記号化し、それぞれの役割を表す。例えば「同じ本見る?」という文の場合は「同じ本」という 目的語が「見る」という述語に支配されている。目的語がさらに「同じ」という修飾語とその依存先 (ヘッド)の「本」に分析される。視覚的に括弧で表すと、この文の構造が [[[おなじ]MOD 本]OBJ 見る] となる。GRASP はこのような依存関係の情報を語順に沿った番号で表している。各単語に番号 が振られてから、二番目の情報としてその依存先の番号が加えられる。三番目の情報として文法的役 健康医療科学研究 第 3 号 2013 [原著論文] 
Is this relevant?
2012
2012
We present a corpus of transcribed spoken Hebrew that reflects spoken interactions between children and adults. The corpus is an… (More)
Is this relevant?
2010
2010
We present a corpus of transcribed spoken Hebrew that forms an integral part of a comprehensive data system that has been… (More)
  • table 2
Is this relevant?
2008
2008
The modern study of child language development owes much to the methodological and conceptual advances introduced by Brown (1973… (More)
Is this relevant?
2007
2007
Corpora of child language are essential for psycholinguistic research. Linguistic annotation of the corpora provides researchers… (More)
  • figure 1
  • table 2
  • table 3
  • table 4
Is this relevant?
Highly Cited
2000
Highly Cited
2000
Thirteen invited papers from a two-day discussion session held in September 1999 are collected in this issue of Philosophical… (More)
Is this relevant?
Highly Cited
1992