Corpus ID: 74044030

Violence in hospitalized psychiatric patients no.2 : current status towards nurses

@inproceedings{Aoki2003ViolenceIH,
  title={Violence in hospitalized psychiatric patients no.2 : current status towards nurses},
  author={M. Aoki and Kazuoki Kume},
  year={2003}
}
  • M. Aoki, Kazuoki Kume
  • Published 2003
  • Medicine
  • 看護職員が入院患者から攻撃的言動を受けることは、看護職員と患者の人間関係に様々な影響をおよぼすと考えられる。この人間関係の影響を明らかにするために、看護師が患者から受けた攻撃的言動の実態を明らかにする目的で行った。 調査は先行研究を参考にして作成した質問紙を用いて行った。質問の内容は言葉による攻撃と身体に対する攻撃に分けて質問項目を作成した。調査結果から以下の知見を得た。 言葉による攻撃と身体に対する攻撃ともに対象者の82.6%が経験を有していた。看護師の性別では男性が経験する頻度が高く、日常業務における性別役割分担について検討する必要性が示唆された。また、一人で患者に対応している時に攻撃を受ける頻度が高く、複数で対応することの重要性が明らかになった。 最も多く攻撃的言動を受けた場所は、言葉による攻撃、身体に対する攻撃ともに隔離室であった。また言葉による攻撃を最も多く受けた時間は0時から3時の間であった。これは隔離室使用患者に対する巡視や観察が上記の時間帯に多くなされているためと考えられた。 
    1 Citations

    Topics from this paper.

    References

    Cultural Responses to Threat of Violence A Comparative Study on Responses to Threat of Violence and Gun - Control