Two cases of hepatic hemoangiomyolipoma.

@inproceedings{Matsushita1991TwoCO,
  title={Two cases of hepatic hemoangiomyolipoma.},
  author={Kazuyuki Matsushita and Munemasa Ryu and Kazuo Watanabe and Masahiro Fujita and Ichirou Honda and Satoshi P. Watanabe and Yoshihiro Kawakami and Masahiro Yoshida and Touichi Kawabe and Katsunori Wada and Teisuke Komatsu and Osamu Matsuzaki},
  year={1991}
}
肝血管筋脂肪腫の2例について報告した.症例1は51歳女性.腹部単純X線CTにて肝内側区域に直径1.5cmのlow densityの腫瘍を認め,造影剤にてenhanceされた.術中の超音波検査ではhigh echoを示した.症例2は47歳男性.単純X線CTで肝後区域に直径3cmのlow densityな腫瘍を認め,造影剤でenhanceされた.血管造影検査の毛細管相で腫瘍は濃染された.術中の超音波検査では腫瘍は全体がhigh echoで一部low echoな部分が見られた.症例1, 2とも肝切除が施行され,病理組織学的に確診された.さらに肝血管筋脂肪腫報告55例について検討した,画像診断上の特徴は超音波でhigh echo,単純X線CTでlow density,血管造影で腫瘍濃染が見られることであり,今後肝癌との鑑別可能例が増すものと思われる. 

Topics from this paper.