Toxicity Assessment of Fly-ash Eluate by Japanese Medaka (Oryzias latipes) and Bivalve Mussel (Mytilidae sp.)

@inproceedings{Sumitani2005ToxicityAO,
  title={Toxicity Assessment of Fly-ash Eluate by Japanese Medaka (Oryzias latipes) and Bivalve Mussel (Mytilidae sp.)},
  author={K. Sumitani and Shosaku Kashiwada and Takahiro Kubota and Kae Osaki and Yoshiro Ono},
  year={2005}
}
  • K. Sumitani, Shosaku Kashiwada, +2 authors Yoshiro Ono
  • Published 2005
  • Engineering
  • わが国の一般廃棄物の約80%は焼却後処分場に埋め立てられており, 焼却飛灰を含む焼却残滓は主要な埋立内容物である。本研究では, 焼却飛灰の溶出液に含有される化学物質の有害性を評価することを目的として, ヒメダカおよびムラサキイガイを用いたバイオアッセイを行った。ヒメダカでは, 急性致死毒性および孵化阻害を評価し, さらにCYP1A活性およびビテロジェニン濃度を測定した。ムラサキイガイでは, DNA損傷性およびGST活性をそれぞれ評価および測定した。その結果, すべての焼却飛灰の溶出液に, ヒメダカ奇形仔魚の出現およびムラサキイガイのGST活性の誘導, DNA… CONTINUE READING

    Create an AI-powered research feed to stay up to date with new papers like this posted to ArXiv