[Regulation of G protein-coupled receptor kinase by nitrosylation].

Abstract

G タ ン パ ク 質 共 役 型 受 容 体 の 活 性 制 御 に か か わ る 分 子 群 の 新 展 開 2 要約:GPCRの脱感作機構の制御は治療戦略上の重要な ターゲットとなり得る.Gタンパク質共役受容体キナ ーゼ 2(GRK2)は潜在的な治療標的分子である.なぜ なら,GRK2 は,bアドレナリン受容体(b-AR)の脱 感作に深く関与し,この脱感作は心不全などの病態や b受容体アゴニストの治療抵抗性の原因となっている からである.事実,遺伝子操作によって GRK2 を抑制 すると,動物モデルにおいて心不全抑制効果を示すこ とが明らかとなっている.GRK2 のニトロシル化とい う化学修飾がGRK2… (More)
DOI: 10.1254/fpj.145.10

Cite this paper

@article{Iiri2015RegulationOG, title={[Regulation of G protein-coupled receptor kinase by nitrosylation].}, author={Taroh Iiri and Noriko Makita}, journal={Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica}, year={2015}, volume={145 1}, pages={10-3} }