RESEARCH ON THE PORTSCAPE IDEAL FOR CITIZEN RECOGNITION OF PORT FACILITIES

@inproceedings{Okada1997RESEARCHOT,
  title={RESEARCH ON THE PORTSCAPE IDEAL FOR CITIZEN RECOGNITION OF PORT FACILITIES},
  author={Tomohide Okada and Norihisa Yokouchi and Shin-ichi Sakurai},
  year={1997}
}
市民へ向けた港湾の開放化 (一般開放) に伴い, その対象地では多様な景観要素が現出するようになった. そのような場では, 港湾特有の景観要素である港湾施設の眺めを市民に認知させ, 市民に港湾への理解を深めさせるような景観整備を行うことが重要になろう.そこで本研究では, 写真投影法を援用した現地 (港湾) でのヒアリング調査を通じ, 港湾空間における港湾施設の景観的位置づけ (順位) や, 港湾施設が主対象または背景として認知される際の, 港湾施設と現存する他の景観要素との好ましい組合せおよびその組合せを成り立たせる景観の特性などについて明らかにした.