Progress Control Support System for Batch Processes

@inproceedings{Kawano2008ProgressCS,
  title={Progress Control Support System for Batch Processes},
  author={Koji Kawano and Shinji Hasebe},
  year={2008}
}
バッチプロセスでは,様々な要因により各工程の所要時間が変動する.所要時間の変動によるスケジュールの遅れは生産性の低下や作業ミスの原因となるため,できるだけ早くもとのスケジュールに戻すことが望ましい.本報では実際に遅延が発生したとき,復旧方法をオンラインでガイダンスするシステムを提案する.提案するシステムでは,まず遅延発生時に取り得る対策を戦略として分類し,戦略ごとに各工程の短縮可能時間と短縮に要するコストを定義した.そして,復旧するまでに許されるバッチ数の制約下で復旧に要するコストを評価として所要時間を短縮する工程とその短縮時間を導出する手法を提案した.提案した最適化手法を組み込んだ遅延回復支援システムのプロトタイプシステムを開発し,その有効性についてシミュレーションにて評価した.