Pathological Diagnosis of Sarcoidosis with Endobronchial Ultrasonographyguided Transbronchial Needle Aspiration (EBUS-TBNA)

@inproceedings{Kitamura2015PathologicalDO,
  title={Pathological Diagnosis of Sarcoidosis with Endobronchial Ultrasonographyguided Transbronchial Needle Aspiration (EBUS-TBNA)},
  author={Atsushi Kitakyushu-shi Kitamura and Yuichi Takiguchi and Koichiro Tatsusmi},
  year={2015}
}
Atsushi Kitamura, Yuichi Takiguchi , Koichiro Tatsusmi 3) 【要旨】 肺サルコイドーシスの病理学的診断には,transbronchial lung biopsy(TBLB)による確定診断とbronchoalveolar lavage(BAL)による活動性診断などが従来行われてきた.近年endobronchial ultrasonography guided transbronchial needle aspiration(EBUS-TBNA)が開発され日常臨床に普及している.局所麻酔下でリアルタイムに気管支内腔から縦隔 リンパ節を描出し穿刺する手技である.細胞診検体と同時に組織検体も採取可能であり,肺癌のリンパ節ステージングや サルコイドーシスの病理診断において多くの有用性が報告されている.縦隔リンパ節腫大をみとめるサルコイドーシスで のEBUS-TBNAの診断率は70-90%と報告され,従来のTBLBに比較し高率であり,侵襲度や診断率からEBUS-TBNAが 診断アプローチとして第一選択になりつつある.しかし,EBUS… CONTINUE READING

Similar Papers

Topics from this paper.