New System for Grape Growing under High Density Planting using Fertigation System with Plastic Mulch

@inproceedings{Kurafuji2008NewSF,
  title={New System for Grape Growing under High Density Planting using Fertigation System with Plastic Mulch},
  author={Yuki Kurafuji and Atsuo Ogoro and Yuichiro Fujii and Toshiro Ono and Naohiro Kubota and Shigeo Mori},
  year={2008}
}
ブドウの早期成園化と高品質な果実の多収を目的に,灌水同時施肥による超密植栽培システムを開発した.本システムは,根域を制限せずに,10 a当たり800本以上の挿し木苗を超密植し,樹冠下に不透水性マルチシートを設置し,自動灌水制御装置と液肥混入器および点滴灌水チューブを用いて,生育ステージに応じて灌水と施肥を同時に行う方式である.定植2年目には成園並みの果実生産が可能であった.果実品質と収量に及ぼす新梢密度の影響を調査したところ,着果基準を15果房・m−1と設定した場合,新梢密度を10~20本・m−1とすることで,果粒重,糖度および果皮色の優れた果実の多収生産が可能であることが明らかとなった.以上の結果から,本方式での3か年の果実品質と収量から,年間の灌水同時施肥基準を策定した. 

Citations

Publications citing this paper.