Major Factor of the Deterioration of Physical Fitness in Poststroke Hemiplegics

@inproceedings{Majima1990MajorFO,
  title={Major Factor of the Deterioration of Physical Fitness in Poststroke Hemiplegics},
  author={Mitsuru Majima and Satoshi Ueda},
  year={1990}
}
1) 40~60歳代で患側下肢機能が,上田らの片麻痺評価法によるグレード7~8であり,かつ実用的屋内歩行能力を有する男性脳卒中片麻痺患者の,循環系の側面からみた体力低下の要因を検討した.2) 対象は40~60歳代の片麻痺患者10例と,同年齢層の正常男性8例である.心拍数が100拍/分となる運動時の酸素摂取量を,循環系の側面からみた体力の指標とした.また,酸素摂取量の測定と同時に,1回心拍出量を色素希釈法を用いて実測した.3) 心拍数が100拍/分となる運動時の酸素摂取量と1回心拍出量は,片麻痺患者において,同年齢層の正常男性に比して有意に低下していた.4) 片麻痺患者の体力低下は,主に心拍数が100拍/分となる運動時の1回心拍出量の低下によることが明らかとなった. 

Topics from this paper.