Influences of systoric blood pressure and right atrial pressure on sinus node recovery time.

@inproceedings{Sasaki1990InfluencesOS,
  title={Influences of systoric blood pressure and right atrial pressure on sinus node recovery time.},
  author={Tatsuro Sasaki},
  year={1990}
}
  • Tatsuro Sasaki
  • Published 1990
  • Medicine
  • 洞機能正常者5症例にoverdrive suppression test (OST) を薬理学的自律神経遮断 (TAB) 前後で施行し, OST中の収縮期血圧 (SBP) , 右房圧 (RAP) の変動と関連する自律神経系の変化が洞機能にいかなる影響を及ぼすか明らかにする目的で本研究を行なった.Pacing rateと修正洞結節回復時間 (CSRT) は1: 1房室伝導時のTAB後でのみ正相関が認められた.1: 1房室伝導時のTAB前では, pacing終了前5秒間のSBPとのみCSRTは正相関し, 房室ブロック後にはpacing終了前5秒間のRAPとのみTAB前でCSRTと正相関が認められた.以上より, OST時の洞機能は1: 1房室伝導時には交感神経系が, 房室ブロック後には副交感神経系により優位に修飾され, 1: 1房室伝導時のTAB後にのみ, 内因性洞機能に対するoverdrive suppression効果が出現した. 

    Create an AI-powered research feed to stay up to date with new papers like this posted to ArXiv

    Topics from this paper.