Influence of Soil Environment on Nutrient Deficiency of Grapevine

@inproceedings{Shimizu1985InfluenceOS,
  title={Influence of Soil Environment on Nutrient Deficiency of Grapevine},
  author={Takeshi Shimizu and Takao Hirano and Masayuki Dan},
  year={1985}
}
現地で発生したブドウの栄養障害事例を調査・収集し, 作物および土壌の養分状態を診断するための判定資料とした.調査の結果, 次の諸要素の欠乏障害が認められた.1) マグネシウム欠乏: ハウス栽培下において, ブドウ‘デラウエア’では葉中Mg含量が0.09%以下, ‘巨峰’では0.12%以下で明らかな欠乏症状を示した.土壌の交換性苦土はブドウ‘デラウエア’では13mg以下となり, 交換性苦土の不足がうかがわれた.一方, ‘巨峰’では交換性苦土が50mg前後存在したにもかかわらず苦土欠乏が発生した.2) マソガン欠乏: 葉中Mn含量が21ppm以下となり, 葉脈間が淡緑化するとともに果実は着色障害を発生した.土壌のpHは中性に傾き, 交換性Mnが3.2ppm以下を示した.葉の症状は0.4%硫酸マンガン液の葉面散布, 果実の着色障害は硫酸マンガン液の散布あるいは浸漬処理により著しく軽減または消失したが, 開花前よりも開花後の処理が効果的であった.3) ホウ素欠乏: 葉中B含量が7~13ppmで欠乏症状が認められ, アン入り果が発生した.