High performance liquid chromatographic determination of water in organic solvent.

@inproceedings{Suzuki1985HighPL,
  title={High performance liquid chromatographic determination of water in organic solvent.},
  author={Yoshihito Suzuki and Toshihiro Inoue},
  year={1985}
}
有機溶媒中に微量に存在する水をイソシアン酸α-ナフチルと反応させてα-ナフチル尿素誘導体とした後,高速液体クロマトグラフィー(HPLC)によって分析する方法について研究した。水との反応によって生成するα-ジナフチル尿素は紫外280nm付近に強い吸収極大があり,紫外検出器を使用することによって高感度検出が可能である。過剰の試薬はアルコール類との反応によってα-ナフチルウレタンを生成させ,HPLCによってその相互分離が可能となった。又,内部標準物質にフタル酸ジメチルを用い,添加法によって定量を行った。検量線は再現性,直線性ともに良好であり,有機溶媒中の2ppmまでの水を定量することができた。