BRONCHOGRAMMS OF 100 SILICOTIC AND SILICOTUBERCULOUS CASES

@inproceedings{Ito1962BRONCHOGRAMMSO1,
  title={BRONCHOGRAMMS OF 100 SILICOTIC AND SILICOTUBERCULOUS CASES},
  author={Ren Ito and Takeo As{\^o} and Mitio Kodama},
  year={1962}
}
珪肺症(珪肺結核症を含む)の気管支造影所見は古来種々報告されているが,われわれも入院患者100例について行ない,考察を加えてみた.右81例中16名,左47例中6名のみに所見を認めず,他は拡張,狭窄,辺縁不正,閉塞,迂曲屈曲,偏位,集束の何れかの変化を見た.特に珠数状拡張が多く,左右共にB1,B2,B3,B6に頻発していた.われわれはこの珠数状拡張を珪肺症気管支造影の特異所見と考えている.近時神津等により肺機能と造影所見との関連,特に肺線維症における特徴が明らかとなつて来たが,これらの変化を含めて珪肺症の強い線維性萎縮をうかゞい知ることが出来た.