Annual Ring Formation and Wood Properties of Slash Pine (Pinus elliottii) Grown in Southern Kyushu, Japan

@inproceedings{Kijidani2011AnnualRF,
  title={Annual Ring Formation and Wood Properties of Slash Pine (Pinus elliottii) Grown in Southern Kyushu, Japan},
  author={Yoshio Kijidani and Katsuhiko Takata and Satoshi Ito and Masako Ogawa and Masanori Nagamine and Kaname Kubota and Miyoko Tsubomura and Ryushi Kitahara},
  year={2011}
}
日本における造林樹種としてのslash pineの有用性を探ることを目的に,南九州で生育した46年生slash pineについて年輪形成と木材材質を明らかにした。slash pineは,スギやヒノキに比べて晩材形成期間においてより活発に細胞分裂をおこなうことがわかった。容積密度数および曲げ性能は,北米産slash pine材とほぼ同じであった。ミクロフィブリル傾角および晩材仮道管長さでは,胸高直径の大きなslash pineにおいて,未成熟材から成熟材への移行がより早い時期におこり,成熟材部での変動が小さかった。日本におけるslash pineでの木材生産は,スギに比べてより効率的に力学的な性質の優れた木材を安定して生産できると考えた。