Analisis Klausa Relatif Restriktif Dalam Kalimat Bahasa Jepang (Kajian Sintaksis)

@inproceedings{Felicia2012AnalisisKR,
  title={Analisis Klausa Relatif Restriktif Dalam Kalimat Bahasa Jepang (Kajian Sintaksis)},
  author={Felicia},
  year={2012}
}
序論 制限的修飾節とは文の中に入って、他の情報を加えて、前に言った 主な名詞を制限する節である。 制限的修飾節も関係代名詞がない。(久野、 1995:234) 石橋 (1973:172) は関係節についてこのように論じる。 関係節は名詞の修飾構造の一つ=形容詞・属格名詞句と同じ働きを していると考えられる 形容詞・属格名詞句が名詞の前後に現れることと関係節が名詞の前 後に現れることとには相関関係がある. (石橋幸太郎, 1973:172). 関係節は形容詞、名詞、副詞などに言を加える。文を展開するの句 も加える事ができる。 日本語の関係節は二つに分ける、制限的修飾節と非制限的修飾節。 坂本 (2008:122… CONTINUE READING