(続紙 2 ) (論文審査の結果の要旨) 近代医薬品の入手が容易ではない地域などでは、身近で入手し易い素材で疾病予防やプ ライマリーケアができることは望ましいことであり、香辛料やハーブにその可能性が期待されて いる。 申請者は、出身国であるカメルーンで日常的に利用されていて入手しやすい香辛 料およびハーブのなかから3種類を選び、胃潰瘍および軽い鬱や神経症などの罹患し やすい身近な症状の予防や緩和につながるそれらの薬理効果に関して、それぞれ動物 実験によって評価検討した。 まず第一章では、桂皮粉末入りの食餌の継続投与による胃潰瘍予防活性について評 価している。マウスに対して桂皮粉末混合食餌を1ヶ

@inproceedings{Tankam20182,
  title={(続紙 2 ) (論文審査の結果の要旨) 近代医薬品の入手が容易ではない地域などでは、身近で入手し易い素材で疾病予防やプ ライマリーケアができることは望ましいことであり、香辛料やハーブにその可能性が期待されて いる。 申請者は、出身国であるカメルーンで日常的に利用されていて入手しやすい香辛 料およびハーブのなかから3種類を選び、胃潰瘍および軽い鬱や神経症などの罹患し やすい身近な症状の予防や緩和につながるそれらの薬理効果に関して、それぞれ動物 実験によって評価検討した。 まず第一章では、桂皮粉末入りの食餌の継続投与による胃潰瘍予防活性について評 価している。マウスに対して桂皮粉末混合食餌を1ヶ},
  author={Joan Manjuh Tankam},
  year={2018}
}
The present study investigated the gastroprotective effects of a cinnamon diet using different gastric ulcer mouse models. Dose dependency and the effective dose period of administration of a cinnamon powder diet were established using the water immersion stress gastric ulcer model. A cinnamon powder diet significantly protected mice against ulceration by stress, ethanol, HCl and oral administration of aspirin, but not against ulceration by oral administration of indomethacin or subcutaneous… CONTINUE READING

References

Publications referenced by this paper.
SHOWING 1-10 OF 49 REFERENCES

Evaluation of the antinociceptive activity of Ocimum gratissimum L. (Lamiaceae) essential oil and its isolated active principles in mice

LIG Paula-Friere, ML Andersen, GR Molska, Köhn, ELA. Carlini
  • Phytother Res
  • 2013

Study of anxiolytic activity of some essential oils used by inhalational exposure in mice

H Rahman, MC Eswaraiah, S Ramesh, BM. Rao
  • Sch J App Med Sci
  • 2013

Psychopharmacological profile of Chamomile (Matricaria recutita L.) essential oil in mice

OD Can, ÜD Özkay, HT Kiyan, B. Demirci
  • Phytomedicine
  • 2012

Similar Papers

Loading similar papers…