タンパク質の二次構造予測法によるリボヌクレアーゼT1の構造活性相間の解析とウシガエル(Rana catesbeiana)卵レクチンのアミノ酸変換体デザインのためのシミュレーション

@inproceedings{1988T1RanaC,
  title={タンパク質の二次構造予測法によるリボヌクレアーゼT1の構造活性相間の解析とウシガエル(Rana catesbeiana)卵レクチンのアミノ酸変換体デザインのためのシミュレーション},
  author={一雄 仁田 and 廣明 川内 and 義男 高柳},
  year={1988}
}

Similar Papers

Loading similar papers…