『傷寒論』における薬用量の再検討 : 湯液方と丸散方の薬用量の比較

@inproceedings{2011,
  title={『傷寒論』における薬用量の再検討 : 湯液方と丸散方の薬用量の比較},
  author={達彦 鈴木 and 次郎 遠藤},
  year={2011}
}

Similar Papers