[Symposium on treatment of cancer. Supplement 2. Differential sensitivities of long-term cultured cell lines derived from human haematopoietic malignancies to various anti-cancer drugs].

@article{Morikawa1984SymposiumOT,
  title={[Symposium on treatment of cancer. Supplement 2. Differential sensitivities of long-term cultured cell lines derived from human haematopoietic malignancies to various anti-cancer drugs].},
  author={Kiyoshi Morikawa and Shinya Note},
  journal={Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine},
  year={1984},
  volume={73 11},
  pages={1625-7}
}
近年,造 血器悪性腫瘍の治療には多薬併用によ る化学療法が多大の効果をあげているが今だ充分 とはいえない その問題点は大量の薬物投与によ る副作用や腫瘍の薬物耐性の獲得 ということがあ り,こ れの解決の方法 として個々の症例に合つた 適切な薬物の選択 が重要であると考えられる.制 癌剤の選択に際して,丁 度抗生物質の選択におけ る薬物感受性試験の如 き方法が可能 となることが 望まれる.制 癌剤の薬物感受性試験 については 種々の方法1)~3)が考案されているが,い ずれも実 用 化 に至 つ て い な い 実 際 の 治療 に はscreening… CONTINUE READING