[Research on the relationship between tuberculosis and optic nerve].

Abstract

概要 結核 の初期 におけ る神経症様症状 を見逃す こ とな く,診 断に これ らの価値を見 出す こ との重要 性を力説 し,こ のよ うな愁訴 に迷彩 され てい る時期 の結核症 を,迷 彩結 核 と提唱 して来たが,そ の病 態 生理 の解明の 足懸 りとして,視 神経 と結核 の関連を検索 した成績 であ る.臨床編では結核感染 と慢 性 球後視神経炎を追求 し,愁 訴持続期間調査成績お よび抗結核薬 使用成績 より,ツ ベル ク リン反応 と 視 神経炎所見の出現な らびに消退頻度 との間には関連 のある ことを知つ た .実験 編におい ては,シ ロ ネズ ミを用いた病理組織学的お よび電子顕微鏡学的検索 よ り,BCG… (More)

Topics

Figures and Tables

Sorry, we couldn't extract any figures or tables for this paper.

Slides referencing similar topics