Learn More
본 연구는 선천선고혈압쥐(SHR)에서와 마찬가지로, 높은 정상혈압 및 중등 정도의 본태성고혈압 환자에서 Valyl-Tyrosine(VY)의 항고혈압 효과 여부를 결정하기 위해 수행되었다. 29명의 지원자에 대하여 무작위 이중맹검 위약검사를 실시하였으며, 3 mg의 VY를 포함하는 100-ml 음료와 100ml-위약 음료를 조제하여 사용하...
31種類のコーヒー豆を用い,官能検査結果に基づく分類と機器分析データの相関を重回帰分析法(MRA)を用いて解析した. (1) 官能検査データに数量化理論第3類(Quant.3)を適用することにより, 31種類のコーヒー豆は6つのグループに分類された. (2) Quant.3により得られた第1軸,第2軸のスコアと各ピーク定量値との単相関は,最高のピークで0.596, -0.574にすぎなかった.(More)
2,3-ナフタレンジアルデヒド(NDA)蛍光誘導体化試薬を用いて,ヒト血しょう中のアンジオテンシン類(ANG I,II,III)の定量を行った.本蛍光誘導体化法(0.1mM NDA,反応時間1時間)を用いることにより,アンジオテンシン類を10~1000pg(/注入量)の範囲で再現性よく(3.5%,n=5)分析できた.そこで,ヒト血しょう(10ml)中のANG(More)
31種類のコーヒー豆を用い,機器分析データに基づく分類と各豆の官能評価との相関を数量化理論第1類(Quant.1)を用いて解析し,各コーヒー豆の香気特性を要約した. (1) 機器分析データに主成分分析法(PCA)を適用することにより31種類のコーヒー豆は6つのグループに分類された. (2)(More)
  • 1