Yusaku Kobayashi

Learn More
あらまし 思考・運動・認知など,ヒトの高次機能には記憶が重要な役割を果たしている.それら記憶のうち, 意識することのできる意味記憶とエピソード記憶を取り上げる.意味記憶は,いくつものエピソード記憶から共 通部分が抜き出されてできると考えられている.これまでの研究・実験で,脳のどの部位が記憶に関連している か明らかにされているが,その神経回路がどのようになっているか,特に時間的に精緻なシナプス可塑性である STDPとの関係において,明らかにされていない.そこで,脳の神経回路に基づいた,STDPを用いたエピソー ド記憶から意味記憶を形成するモデルを提案する.モデルに入力するパターン・内部の結線を変えてシミュレー ションを行い,意味記憶を形成できるパラメータを調べた.その結果,意味記憶の形成には形成する領域への 3(More)
Cavities formed by proteins have been utilized as the reaction chamber for the fabrication of a range of inorganic nanoparticles, providing control of the size of particles by limiting growth and preventing agglomeration. In crystal form, proteins construct molecular arrays that can provide regularly arranged sites for nanoparticles. Here we report the(More)
We have implemented a student note-sharing system, AirTransNote, that facilitates collaborative and interactive learning in conventional classrooms. With the AirTransNote system, a teacher can immediately share student notes with the class using a projection screen to enhance group learning. However, students tend to hesitate to share their notes,(More)
  • 1