Learn More
近年, 従来の骨髄移植療法は幹細胞源と対象疾患において, 多様化してきている. このように多様化した造血幹細胞移植の中でも中心となる同種造血幹細胞移植の内HLA遺伝的適合同胞間骨髄移植の血液疾患における無病生存率は再生不良性貧血で成人, 小児とも80%以上, 急性骨髄性白血病第一寛解期移植で成人, 小児がそれぞれ64%, 70%, 第二寛解期以降でそれぞれ21~54%, 21~62%,(More)