Wolfgang Glaesner

Suggest Changes
Learn More
要約:デュラグルチド(遺伝子組換え)は,ジペプチ ジルペプチダーゼ-4(DPP-4)による分解を抑制するた めにヒトグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)にアミノ酸 置換を導入した GLP-1 アナログを,ペプチドリンカー を介してヒト免疫グロブリン重鎖(IgG4 Fc)領域に結 合した Fc融合タンパク質であり,週 1回皮下投与が 可能な持効型 GLP-1 受容体作動薬である.本薬はヒ ト(More)
In recent years, a large number of therapeutic monoclonal antibodies have come to market to treat a variety of conditions including patients with immune-mediated chronic inflammation. Distinguishing(More)
  • 1