Learn More
The present study shows that differences in pathogenicity exist among fish nodavirus strains. In challenge trials, a Japanese strain (SJ93Nag) was highly virulent to larvae of the striped jack(More)
明期(L):暗期(D)の時間が 24L:0D, 12L:12D, 6L:6D:6L:6D, 0L:24D の条件で,500 L 水槽を用いてマハタ仔魚を 8 日齢まで飼育し,生残,成長および摂餌を調べた。また,100 kL 水槽で自然日長と 24L:0D で 10 日齢まで飼育した。その結果,小型水槽では 24L 区の生残と成長が最良で,大型水槽では 24L(More)
中華人民共和国の種苗生産施設で生産された孵化7-45日齢のチャイロマルハタとキジハタに異常遊泳を特徴とする大量死が発生した。病魚の脳および網膜組織には空胞形成が認められ, 神経細胞などに直径25-28nmのエンベロープを持たない球形ウイルス粒子が観察された。また, 病魚から魚類ノダウイルスの外被タンパク質抗原および遺伝子が検出されたことから,(More)