• Publications
  • Influence

Claim Your Author Page
Ensure your research is discoverable on Semantic Scholar. Claiming your author page allows you to personalize the information displayed and manage publications (all current information on this profile has been aggregated automatically from publisher and metadata sources).
  • Kikuo Ohno, Toshihide Arai, Eiji Isotani, Tadashi Nariai, Kimiyoshi Hirakawa
  • Medicine
  • Acta Neurochirurgica
  • 1999 (First Published: 13 July 1999)
  • Summary We report three cases of ischaemic complications following direct surgery of unruptured cerebral aneurysms having necks with atherosclerotic or calcified walls. Among 30 patients we treatedContinue Reading
    症例は51歳,男性.約2年前から,右側腹部痛を繰り返していたが保存的に軽快していた.平成12年1月,右側腹部痛の増強あり当院内科を受診,入院となった.精査にて上行結腸憩室穿通による膿瘍形成と診断し手術施行.病理検査にて放線菌症と診断された.完全切除はなされておらず膿瘍壁の一部残存あり術後PIPC,Continue Reading
    症例は34歳,男性.平成15年9月5日より左側腹部痛,発熱出現.症状の改善なく,同年9月7日,当院救急外来受診.腹部CTにて後腹膜に最大径約9cmの腫瘤と左水腎症を認め,精査加療目的に当院内科入院となった.左水腎症に対して,尿管ステント留置.その後,後腹膜腔腫瘤の診断のため, CT, MRI, 血管造影,Continue Reading
    大網原発成人発症のlymphangiomaはまれなものでありその術前診断率も低率であるが, 今回CT, 超音波, MRIにて術前診断可能であった1例を経験したので報告する.症例は55歳の男性. 腹痛, 腹部膨満感を主訴として受診. CTにて胃大彎に接し骨盤内にまで及ぶ充実性腫瘍を認め超音波にて多房性, またMRIにてcystic lymphangiomaパターンを呈した.Continue Reading