Learn More
現在の熱電変換技術でよく利用されている Bi2Te3材料の熱電物性には異方性があるため、素子 内の結晶子を配向させることで熱電性能が向上することが知られている。我々の研究室では熱電 変換モジュールのコスト削減のため、微粒子化した Bi2Te3を有機溶媒に分散させた熱電インクを 作製した。しかし熱電インクを用いて作製した素子は、従来のバルク体素子に比べて熱電性能(More)