• Publications
  • Influence
クラリッサの凌辱 : エクリチュール, セクシュアリティー, 階級闘争
勃興するブルジョワ階級の娘の死に至る抑圧の生を描き、おそらく世界でもっとも長い18世紀英国小説『クラリッサ・ハーロウ』。マルクシズム=フェミニズム批評が、性差、階級闘争などのアポリア設定により、この文学史に埋もれた「古典」を衝撃的に現代に甦らせる。
批評とは何か : イーグルトン、すべてを語る
第1章 ソルフォード/ケンブリッジ 第2章 ニュー・レフト/チャーチ 第3章 個人/社会 第4章 政治/美学 第5章 批評/イデオロギー 第6章 マルクス主義/フェミニズム 第7章 理論/実践 第8章 オックスフォード/ダブリン 第9章 文化/文明 第10章 愛/死
シェイクスピア : 言語・欲望・貨幣
第1章 言語—『マクベス』『リチャード2世』『ヘンリー4世』 第2章 欲望—『夏の夜の夢』『十二夜』 第3章 法—『ヴェニスの商人』『尺には尺を』『トロイラスとクレイダ』 第4章 「無」—『オセロー』『ハムレット』『コリオレーナス』 第5章 価値—『リア王』『アテネのタイモン』『アントニーとクレオパトラ』 第6章 自然—『お気に召すままに』『冬の夜語り』『テンペスト』