Learn More
療養型病床群で釣藤散投与を契機に経管栄養から経口摂取が可能となったと考えられる症例を経験した。症例1は84歳, 男性。誤嚥性肺炎の後, 寝たきり, 胃瘻状態で当院へ転院。入院時は会話もほとんど不能であったが, 釣藤散 (TJ-47) を投与開始後, 意欲の向上が見られ, その後嚥下訓練を行い, 経口摂取が再開となった。症例2は99歳女性。大腿骨骨折術後,(More)
療養型病床群における高齢者の大量発汗に対して, 黄耆末の振り出し液が奏効した2症例を経験した。症例1は65歳, 男性。脳出血後リハビリ目的で当院へ転院。全身性の発汗が著明で, 日に3, 4度の着替えが必要であった。補中益気湯と, 黄耆末の振り出し液を投与したところ, 発汗が減少した。症例2は66歳, 女性。脳挫傷の後, リハビリ目的で当院へ転院。発汗が著明で,(More)
療養型病床群における高齢者の性的逸脱行動に桂枝加竜骨牡蛎湯が有効であった2例を報告する。症例1は71歳男性で, 前立腺肥大症の術後リハビリテーション目的で入院となった。入院後まもなくから自慰行動が出現し, 他の女性入院患者や介護職員が不快感を訴えるようになった。桂枝加竜骨牡蛎湯を投与したところ自慰行動は消失した。症例2は90歳男性で,(More)
療養型病床群で老人の夜間不隠行動に, 酸棗仁湯が奏効した症例を経験した。症例1は97歳, 女性。誤嚥性肺炎を繰り返し, 夜間奇声を上げるようになり, 当院へ転院。特に夜間病棟中に響きわたる奇声を上げ続けた。酸棗仁湯 (TJ-103) 7.5gを投与開始後, 体位変換, オムツ交換などの際に短時間奇声を上げるだけとなった。その後嚥下訓練を行い,(More)
  • 1