• Publications
  • Influence
Relationship between Terrestrial Gamma Radiation Dose Rate and Geology in Yomitan-son, Okinawa, Japan
沖縄県読谷村において,空間γ線線量率の測定及び地質・土壌試料の核種分析を行った。線量率の算術平均値±標準偏差(範囲)は,51.4±19.3nGy/h(23.0~112.0nGy/h)であった。また,核種分析の結果,この地域に分布する土壌(多良間統)の238U系列濃度は81.3~168.8Bq/kgであり,238U/232Th比の算術平均値は1.7(1.2~2.7)であった。
Development of Emergency Monitoring System for Alpha-Particle-Emitting Radionuclides in the Air.
TLDR
A new emergency monitoring system for airborne samples is presented, which performs multiple-pulse time-interval analysis (MTA) without chemical separation, and could be useful in situations requiring prompt measurement and screening of samples.
Adsorption and Desorption of Radon in Argon Gas, and the Development of Low Level Radon Concentration Measurement Method
著者らは,高感度ラドン検出器を用いた低レベルラドン濃度の測定方法開発のため,活性炭による気体アルゴン中ラドンの吸着・脱離実験を行った。その結果,-105℃に冷却した活性炭による吸着率は90%以上,その活性炭を85℃に昇温したときの脱離率は99%以上であることがわかった。これらの結果と系のバックグラウンドレベル,14±1(stat.)