Learn More
後腹膜リンパ節原発の悪性腫瘍のなかでは悪性リンパ腫が最も多いが, 尿中に腫瘍細胞が出現した例は非常にまれである.われわれは泌尿器症状を初発とし, 尿中に腫瘍細胞が出現した後腹膜原発悪性リンパ腫を経験したので報告する.症例は51歳男性で, 血尿と背部痛を主訴に当院泌尿器科を受診した.精査の結果, 後腹膜腫瘍による右尿管閉塞, 水腎症と診断された.2回の尿細胞診が施行されたが細胞変性が強く,(More)
乳腺細胞診において, 免疫細胞化学的検索が診断に有用であった乳腺原発悪性リンパ腫2例を経験したので報告する.症例1は78歳女性.症例2は44歳女性で, いずれも乳房腫瘤を主訴に外科を受診. 2症例の穿刺吸引細胞診における腫瘍細胞は好中球と同大か, それよりやや大きく, 結合性を欠き, 核は円形~ 楕円形でN/Cが高く,(More)
  • 1