Learn More
PURPOSE We compared the image of multiplanar reconstruction (MPR) by multi-detector row CT (MDCT) and contrast-enhanced ultrasonography (CEUS) by Truagent Detection Modetrade mark after(More)
我々は, 肺尖部胸郭入口部のMRイメージングに表面コイルを利用した. 表面コイルの使用によって, 画質の向上が得られ, より詳細な構造の描出が可能であった. 表面コイルを用いた矢状断や冠状断のMRイメージの読影に有用な解剖図譜を呈示するとともに, 肺尖胸郭入口部病変の進展度診断に関するMRIの有用性について検討した.