Learn More
日本では,古くから重要なタンパク質源として水産物 が重宝されてきた.しかし,水産物は保存性が悪く,腐 敗の進行が早い.また,日本では水産物を生で喫食する 習慣があるため,過去には腸炎ビブリオなどに起因する 微生物性食中毒が多数発生していた.近年の食品加工技 術や低温流通システムの発達は食品の消費期限や賞味期 限の延長に大きく貢献し,食品の安全性を担保する基盤(More)
  • 1