Learn More
症例は64歳の女性. 2009年3月より顔面の紅斑腫脹,嚥下困難を認めて,当院皮膚科紹介となった.皮疹,筋力低下,CPK上昇,筋肉痛,炎症反応より皮膚筋炎と診断された.同時に悪性疾患の検索が行われ,右下葉肺腺癌が認められた.右下葉切除と縦隔リンパ節郭清が行われたが,術直前に嚥下困難などの症状増悪のためステロイドを投与せざるを得なかった.術後9病日目に気胸を発症し,ドレーンを挿入するも著明なair(More)
  • 1