Learn More
プリント基板穴あけ工程においては, 穴あけ順序が加工時間に与える影響は大きい. そこで一般には, 穴あけ順序決定に巡回セールスマン問題 (TSP) が用いられている. しかし, 狭ピッチで膨大な数の穴あけを行うプリント基板においては, 穴配置や工作機械の送り軸制御特性の影響で, 最短距離となる順序が必ずしも最短時間になる順序とは限らない. そこで, 本問題に時間を考慮したTSPを適用し,(More)