Learn More
天然タイマイ甲の代替材を絹タンパクを用いて開発することを試み, タイマイ甲やホットプレス成形したフィプロインパウダーのDSC, 熱機械特性 (TMA), 曲げ強度などを調べた. その結果, 熱圧処理した含水タイマイ甲では30℃付近から軟化が始まり, 80℃付近から急激に軟化が進むことがTMA測定から分かった. このタイマイ甲のDSCの吸熱ピーク位置は45℃付近と, 70℃前後に存在した. また,(More)