Learn More
とから,本研究では各種構造物の建設が本格化した1987 年を初年度としてその後の地形変化について調べた. まず図-1(a)は1987年の深浅図を示す.対象区域の特 長を北側から順に調べると,大淀川河口の北2kmには宮 崎港の南防波堤の突堤部(850m)と斜め防波堤450mが延 ばされた.またその北1,150mには北防波堤基部の突堤も 600m延ばされていた.さらに南防波堤と大淀川河口間で(More)