Learn More
1. 緒言 ファイバー伝送レーザー誘起ブレークダウン分光(LIBS)による遠隔その場分析が、東京電力福島第 一原子力発電所の燃料デブリ取出しに向けた位置・性状把握のための手段の一つとして期待されている[1]。 我々は本分析手法の更なる高感度化を目指し、マイクロチップレーザーを用いた LIBS システムの開発を行 っている。本発表では YAG(More)
  • 1