Learn More
32才男性の左肺動脈原発肉腫で, 腫瘍が左肺動脈を完全に閉塞した1剖検例を経験した. この肉腫に対して放射線療法及び化学療法を施行したが, CT上腫瘍は縮小したものの, 肺動脈内の病変は改善せず, 患者は急性腎不全により死亡した. 剖検所見では, 腫瘍細胞はほとんど壊死に陥っており, この様な症例に対する内科的治療は今後の検討課題と考えられる.
  • 1