Kazuma Katagiri

  • Citations Per Year
Learn More
A cerebellum–machine interface (CMI) was developed to test direct causality between single-unit cerebellar Purkinje cell activities and motor learning. The CMI converts Purkinje cell simple spike firing rates into a pulse width modulation signal that drives a single-joint robot arm. The CMI has no adaptive capability, thus any changes observed in the robot(More)
あらまし 身体運動の制御と学習の中核は小脳が担っている.小脳皮質神経回路を構成する細胞タイプのう ち,Purkinje 細胞は唯一小脳外へ軸索を伸ばす出力細胞である.これまでの研究により,Purkinje 細胞の発火 頻度は,筋系を駆動するための運動指令をコードしているものと考えられている.したがって,運動の学習は Purkinje細胞発火頻度パターンが変化することにより実現されるものと考えられている.こうした知見は,主に 動物を用いた行動実験と Purkinje 細胞単一神経電位計測により得られたものである.しかし,このような実験 では,神経細胞活動変化と行動変化の間の相関関係を評価できるのみであり,単一の神経細胞活動が運動制御や(More)
  • 1