• Publications
  • Influence

Claim Your Author Page
Ensure your research is discoverable on Semantic Scholar. Claiming your author page allows you to personalize the information displayed and manage publications.
輸入脚閉塞症は胃切除時にBillrothII法やRouxen Y法で再建した際に発症する稀な疾患である.今 回,われわれはBillrothII法再建術後のBraun吻合と 輸出入脚の腸間膜間隙の内ヘルニアを原因とした輸入 脚閉塞症を経験したので報告する. 症 例 症例:76歳,男性. 主訴:腹痛,嘔吐. 既往歴:糖尿病,高血圧,肺気腫. 現病歴:早期胃癌に対して幽門側胃切除術施行.結(More)
結腸十二指腸瘻を形成した進行結腸癌に対し,化学療法後切除手術を施行した症例を経験した.患者は 42 才男性.貧血の精査のため上部・下部内視鏡検査,CT検査を受け,上行結腸癌の十二指腸直接浸潤, 瘻孔形成と診断され当科に紹介となった.CT所見で腫瘍は下大静脈に接しており直接浸潤が疑われたた め,術前化学療法としてFOLFIRI 療法を行った.5コース終了時には結腸十二指腸瘻は残存していたが,(More)