Learn More
72歳, 女性。2006年9月に腸炎に合併した左大腿部の壊疽性膿皮症にて当科入院し, ステロイド内服と分層植皮術にて軽快した。腸炎については確定診断には至らなかった。以後, 腸炎, 皮膚潰瘍の再燃を認めず, 当科外来にてステロイド漸減中であった。2007年8月初旬, 腸症状の再燃とともに, 頚部, 左手関節部, 右足関節部に浮腫, 血疱が出現し,(More)
  • 1