• Publications
  • Influence

Claim Your Author Page
Ensure your research is discoverable on Semantic Scholar. Claiming your author page allows you to personalize the information displayed and manage publications (all current information on this profile has been aggregated automatically from publisher and metadata sources).
軟弱地盤に対してバーチカルドレーン工法を用いて地盤改良を行う場合, 適切な沈下管理を行うためには粘性土の水平方向圧密係数を求める必要がある. しかし, 通常室内試験から得られる水平方向圧密係数を設計に用いると圧密速度を過大に評価してしまう例が多い. 本研究では圧密容器を開発して, 水平方向圧密特性を調べた. また,Continue Reading
海底の粘性土地盤の強度はサンプリング した土試料 から一軸 圧縮強度quを 求 め、その平均値と して決定 され るのが一般的で ある。quの 平均値 を用いる方法(以 下にqu法 と呼ぶ)は 、港 湾工事など多 くの沿岸域での建設工事に実績 をもっており、す べ り破壊が起こった事例 を解析 した結果か らもその妥 当性は確 認 されている(1)。 しか し、その後の研究によって一軸圧縮強度Continue Reading