• Publications
  • Influence

Claim Your Author Page
Ensure your research is discoverable on Semantic Scholar. Claiming your author page allows you to personalize the information displayed and manage publications.
桂枝茯苓丸の頭痛に対する有用性を検討した。対象は神経科で通院治療中の患者の中から, 筋収縮性頭痛を伴った症例を無作為に選択した。証による選別は行わなかった。4週後の頭痛改善率は中等度以上の改善を示した症例が44.4%であるが, 不変も50.0%に及び, 2分極傾向を示した。副作用は認められなかった。これらの症例を, 虚実の心身判定スケールを用いて虚実の判定を行い,(More)
重症例に対しても待機せず可及的速やかに脳動脈瘤根治術を行うという方針のもと診断治療を行った,1996年1月から2000年12月までの5年間の235名のクモ膜下出血(SAH)患者につき検討した。患者の内訳は男性85名,女性150名,平均年齢60.8歳であった。来院時WFNS Grade (G)はGI 21名,GII 48名,GIII 2名,GIV 51名,GV(More)